”番長ジュニア”平学の三浦澪央斗、父・三浦大輔超えへ甲子園出場を目指す!

  • ブックマーク
  • Feedly

偉大な父の背中を追う神奈川の高校球児がいる。ベイスターズで長年「ハマの番長」として活躍した三浦大輔投手コーチの長男・三浦澪央斗(れおと)(17)=平塚学園2年=だ。プロ通算172勝の父でさえ、高校時代に成し遂げられなかった甲子園出場を目指し、練習に汗を流している。

2016年9月29日。横浜スタジアムで行われた父の引退試合で、澪央斗少年は始球式の大役を任された。当時は中学3年生。「緊張して頭が真っ白でした」。父直伝のテークバックから、渾身(こんしん)の一球を投じ、超満員の観客から喝采を浴びた。

青葉緑東シニアで活躍した右腕は卒業後には親元を離れ、1998年夏には西神奈川代表として甲子園に出ている強豪校に進み、寮生活を始めた。昨秋の新チーム発足後にベンチ入りを果たし、父と同じ背番号18で公式戦デビューも飾って、2試合の勝利に貢献した。

最大の持ち味は180センチから投げ下ろすスピンの利いた直球で、入学時に120キロだった球速は現在134キロまで伸びた。「(ボールの)回転数が自分の持ち味。球速も上がればぐいぐいと押していける」と春には140キロ台到達を目指している。

地元球団のスター選手を父親に持つことで、いやが応にも周囲の注目を浴びる。最初は戸惑いも感じたが、「親が野球選手というのは変わらないので気にしてもしょうがない」と宿命を受け入れ、ひたむきに白球を追っている。

現役時代からリーゼントがトレードマークだった父は「家では普通のお父さん」。休日には一緒に食事や買い物に出掛け、球速が上がったことを報告してもクールな対応だが、息子のいないところで大喜びしているという。

最終学年の目標は平塚学園にとって21年ぶりとなる甲子園出場だ。奈良・高田商3年時に夏の県大会決勝で敗れた父親からは「もし甲子園に出ればお前の勝ちだよ」と励ましを受けてきた。

横浜スタジアムのマウンドには、あの始球式以来立っていない。「ずっと父が投げていたので、自分も一球だけじゃなくて、何球でも投げたい気持ちがある」。憧れの父が躍動した場所に、今度はエース番号を勝ち取って立つつもりだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00033538-kana-base

成長期は睡眠を沢山取って背を伸ばしましょう

大輔のくせに

なんちゅう名前つけとるんだ!

そうかぁ。平学も寮なんだな。
ジュニアもそれなりに良い選手なんだろうが、
根尾みたいに中学で140キロ投げる子はバケモンなんだな。
爽やかですね。ってか、こんな大きなお子さんがいたんですね
ドラフトで指名される位の投手に成長して欲しいな。勿論、ベイスターズ逆指名で、他球団は手出し出来ないよね(笑)。
横浜や相模なら甲子園で観れたかも。平学は厳しそう
お父さんに似ていい面しとるで
三浦少年、イケメンやな…
グローブの型もそっくりやな。

そっくりでワロタ

育成でもいいから取れよ〜
帽子のツバ、それっぽくしてるな

最近は、ツバ曲げない、ピーン派が流行りかと思ってた

>>球速が上がったことを報告してもクールな対応だが、息子のいないところで大喜びしているという。

その姿を想像してみた。
微笑ましい事この上ない(笑) いい父ちゃんだな~。

なんで西武ライオンズっぽい名前なんだろ…
髪型も受け継いで欲しい!
番長の引退試合で始球式やってたなー フォームがオヤジそっくりだった
そこはかとなく似てるな。卒業後はリーゼントでヨロシク。
三浦澪央斗・・・キラキラネームやん!

 

MAX134で横浜地区を勝ち抜くのは厳しい

 

目元はお父さんそっくりやな
頭はリーゼントではなさそうや

楽しみです。
横浜スタジアム観戦行きたい
  • ブックマーク
  • Feedly